入院中の食事代は、医療費とは別に1食につき下表の額を自己負担し(標準負担額)、残りの費用は料飲国保が負担します。入院期間が90日を超えた場合、標準負担額がさらに減額されますので届け出て下さい。

「限度額適用・標準負担額減額認定証」(こちら)をお持ちの方で、やむを得ない理由により提示できなかった場合には、申請により標準負担額の差額が支給されます。(申請が、支払った日の翌日から2年を経過しますと時効になり、支給されませんのでご注意ください)

※入院期間は、過去1年間の合計入院日数で判断します。連続した入院である必要はありません。

※入院中に自己負担した食事代は高額医療費の対象にはなりません。

療養病床に入院する65歳以上の人は食費と居住費につき

下表の額を自己負担し、残りの費用は料飲国保が負担します。